TAPサテライトギャラリーvol.11「森政俊+牡丹靖佳」展が始まりました

茹だるような暑さの七月十四日、
TAPサテライトギャラリーvol.11「森政俊+牡丹靖佳」展が始まりました。

今回、森さんは東京から九州へ向かう飛行機から撮影したという空と雲の鮮やかな写真を、牡丹さんは素朴で物語のような絵画とそれを見せる為に大改造した展示ブースとをそれぞれ展開されました。
空に浮かぶ部屋のような森さんのブースと、子供の秘密基地のような牡丹さんのブース。写真の森さんと絵画の牡丹さんは同じ平面を扱う作家ではありますが、その作風は面白いくらい対照的です。
そんなお二人の魅力的な現場の重力に吸い寄せられるように、今回の初日も様々な方がサテライトギャラリーに関心を示してくださいました。

そしてアーティスト・トークでは二十八人の参加者が!冷房のないブースの中は作家を囲んで熱心に話を聞く人々で場所も温度も飽和状態に……。熱はその後のパーティー会場にまで伝わった模様です。

夕立あり、落雷あり、停電ありでハプニング尽くしだった初日ですが、まだまだvol.11は始まったばかりです。何はともあれ本日はお疲れ様でした!

インターン西宮


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です