みえないものをつかまえる

7回目の派遣アーティストはイスラエル人のダフナ・アヴィダンさんとご主人の羽川幸一さんです。目に見えないにおいを形にする試みをしました。

まず、色のついたシャボン玉を紙でつかまえて、においは空気の中に漂っている粒だと説明してから瞑想タイムに入ります。こどもたちは用意されていた紙の枕に頭を乗せて仰向けになりました。

目を閉じて、幸一さんの話を聞きます。
「大好きなにおいがしてきました。それはどんなにおいですか。」

瞑想タイムの後、5種類のテクニックを使って、匂いのイメージを形と色で表していきます。
画用紙にたらした絵の具をストローで吹いてできたのはどんな模様でしょう。


薄い墨で描いて、その中に濃い墨をたらすとどんな形ににじむでしょう。

色々な色で塗ってみるとにじんできれいな色や形ができました。

鉛筆で型をなぞるといい形の丸が描けます。
ステンシルもありました。

描いた模様を今度ははさみで切ってシャボン玉の上に貼りました。
最後に、良いにおいのする絵の具で名前を書いて出来上がりです。
みんなのにおいが混ざってみんなだけのにおいの作品になりました。

【outreach programm for elementary school vol.7】

7th’s was Israeli artists, Ms. Dafna Avidan and her husband Mr. Koichi Hagawa.
It was an experiment to express invisible smell into shapes and colours.
Dafna explained the smell is like a small bubbles floating it the air and showed children to catch the coloured bubbles with paper as if they cought the smell.
Then they had meditation time. They lied down on the floor facing up. They closed their eyes and listened to the short story by Koichi.
“You can smell something nice, it is your favorite smell, what is it?”

After the meditation, children expressed the images of smell, using 5 tecniques.
What pattern will it be if a drop of colour blown by strow?
What shape will it be if the dark carbon ink dropped in the center of the thin ink ?
By using many colours of paints they were mixed up each other and became beautiful colours and shapes.
They drew by pencils using the templates so that they could draw a good shapes.
And also they could try stencil.

They cut out the shapes and colours and put them on the bubbles.
At the end they wrote their names with the paints that smells good.
Everyone’s smell was mixed up and became their own art work.

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です