楽しかった思い出をステンドグラスに

3学期の最後にアーティストのオリジナルワークショップをふたつ行いました。そのひとつめ、梅木隆さんの「楽しかった思い出をステンドグラスにしよう」です。
簡単な表現をくり返したり集めたりすることで大きく、強い表現になることをWhere the Hell WAS Mattなどの映像を見せながら説明ました。
こどもたちは目をつぶって楽しかったことを思い出し、作業にうつりました。

トレーシングペーパーに絵の具で絵を描き、ラミネートするという方法でステンドグラスをつくりました。

描き始めは少し勇気がいりましたが、描き出すとすぐにイメージが広がっていきました。

絵の具を乾かしてラミネートして窓に貼ると、教室に色の光がさしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です