キョウシツ・ヘンシン−もしこんな教室があったらいいな

 今年最後のワークショップはニコラ・ビュフさんと稲垣靖子さんの「キョウシツ・ヘンシン−もしこんな教室があったらいいな」でした。

 デジカメで教室の写真を撮りました。ソファの下から、高いところから、テーブルの上の花、椅子、窓際の植物、鉛筆削り、棚など。プリントするといつもとちょっと違う教室が写っていました。

それらを切り取り色画用紙に貼ってみると、鉛筆削りはロボットに、棚はビルに、皆が普段座っている椅子もだんだんヘンシンしてきました。


マンガや雑誌からキャラクターなどをコラージュしていくと、ヘンシンしたキョウシツが画用紙の上に広がり完成です。

【Artist’s Workshop Vol.2】
The last workshop of this year’s children’s program was “Transform the Classroom-
if there is a classroom like…” by Nicolas Buffe and Yasuko Inagaki.
Children took the photos by digital camera, under the sofa, from the high position, flowers in the jar on the table, plants by the window, pencile sharpener, shelves and so on. The classroom looked little different from that they know when printed out. As they cut out the picture and put them on the coloured paper, pencile sharpener transformed to a robot, shelves into buildings. They collaged the characters of manga and magazines on them, and the transformed classroom emerged on the paper.

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です