~~~と~~~の、のりもの

今日のアーティスト派遣は、四方山荘の安田暁さんです。

今回の授業は、一見、何の関連性も持たないように思われるものを結び付けること、「ことば」から「かたち」にすることに挑戦する授業です。

まず、こどもたちに「好きなもの・きになるもの」をあげてもらうことから始まります。
黒板にどんどん書いていき、「好き・気になることば」を選んでもらいます。
いちごとさくらんぼ、DSとすいかなど、こどもたちはそれぞれの「好きなもの・気になるもの」をクレヨンを使ったり、コラージュしたりして描きました。 
さまざまな手法で描かれた、アーティストお手製の色とりどりの紙も登場しました!

 

二時間目に入った時点で黒板に「?」と書かれた紙が貼り出されました。
「何が書いてあるの~?」と、こどもたちは興味津々です。

 

そんな中、アーティストはこどもたちと一緒に、一時間目に描かれた「もの」と「もの」を「ことば」で繋ぎ始めました。 最後に「?」と書かれた紙をめくると「のりもの」と書かれていました!

今度は「のりもの」という言葉から、「もの」と「もの」を繋いでみます。
とても個性的なのりものが完成しました。

 

作品展がとても楽しみです。
みなさん、是非来て下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です