【アーティスト派遣】白山小の報告

2012年9月13日、白山小学校にアーティストの田中一平さんを派遣し、「いちねんせいのさくひんてん」に向けての授業を行いました。

授業のタイトルは《箱にこめる、夏休みの思い出》。子どもたちそれぞれが家族や友達と過ごした夏休みの楽しい思い出を、1つの箱の中に表現します。

 

まずは講師の田中さんが、自作した見本を示しながら、詳しいつくりかたを説明しました。

「写真は切り抜いてもいいし、支えをつくって箱から浮かせてもいい。自分で描いた絵を貼ってもいいし、箱の外側に描いてもいいよ。」と、アイディアに制限のないことを伝えます。

 

子どもたちが持参した思い出の素材は、写真や貝殻や何かの種や小さなおもちゃなどさまざま。

「友達とプールで泳いだ。」「お祭りで半被を着て太鼓を叩いた。」「家族みんなでグアムの海に潜った。」「長野で魚を釣って焼いて食べた。」「おうちでお父さんの誕生日をお祝いした。」・・・

まだ記憶に新しい夏休みの出来事を話すみんなが嬉しそうで、とにかく楽しかった!気持ちがあふれています。一緒に過ごした家族や親戚のことなど、近くのお友達とも会話が弾んでいました。

 

 そうした楽しい思い出を、記念写真とは違う形で再現します。平面から立体物まで、バラエティ豊かな素材を使う上での悩みも出ましたが、一度アドバイスすればすぐに要領をつかんで、構成力抜群に、箱の中の世界がみるみる充実していきました。

「蓋を開けたら飛び出すビックリ箱にするんだ!」と既に、作品を人に見せることを意識している子も。

 

ある程度完成の目途がついてきたところで、数人がみんなの前で作品発表しました。褒める田中さんの言葉にちょっと照れながらも、自分でも満足している様子。

 

 子どもたちが誰かと一緒に過ごした宝物のような時間が、小さな箱いっぱいに詰まっています。作品のタイトルと、どんな思い出をどう表現したかを、各自用紙に記入しました。

 

「今日の図工、楽しかった人!」先生からの質問に勢いよく手を挙げる子どもたち。それぞれの持つ大切な記憶や身近な人への気持ちが、見る人の手に触れられる作品となり、どんなつながりを生みだすのか。12月の展覧会がとても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です