【アーティスト派遣】白山西小の報告

20121024日、白山西小学校にアーティストの井上みゆきさんを派遣し、「いちねんせいのさくひんてん」に向けての授業を行いました。

授業のタイトルは《紙吹雪づくり》。絵の具の色々な使いかたで着彩した紙で紙吹雪をつくり、クラスメイトに贈る一言を添えてお互いにかけ合います。

 

 まずは井上さんから子どもたちへ、乾いた筆でカサカサと掠れた色を広げる方法、画用紙に水分をたっぷり含ませて色をにじませる方法の2種類を伝授しました。技法は全員同じでも選ぶ色や筆の運びかたはさまざま。一斉に見せてくれた作品には既に24人分の個性が表れています。

 

教わった技法を応用して、画用紙のほかにコピー用紙や半紙や藁半紙など、異なる質感も試しながらどんどん色紙づくりを進めていきました。

 

 実験的に色を重ねて偶然の現象を楽しむ子、思いつくまま自分の好きなものや風景などを描く子、つくりたい色の世界をイメージして一枚にこだわり抜く子も。「ねぇ、見て見て!」と先生やスタッフを口々に呼び止めて、お気に入りの部分や、自分が見つけた塗りかたとその効果などを教えてくれました。

 

 次は自作の色紙を紙吹雪にする活動。井上さんが用意した色々なサンプルで、降りかたの違いを見てみました。形の違いから生まれる不思議なバリエーションに、子どもたちから歓声が上がります。

作品にハサミを入れるのも「このために色を塗ったんだもんね!」と抵抗無い様子。ピースがひとつできるたび、一枚の画面からの変化に見入ったり、何度も投げては落ちるさまを楽しんだりしていました。

 

 お花紙や折り紙や色セファン、各自が持ってきた“紙吹雪に混ぜたいもの”も材料に加えます。切ったり手で千切ったりして出来た紙吹雪を収める箱は、井上さんお手製のショーケース仕様。ひと箱ごとに、色とりどりの子どもたちのアイディアと思い入れが詰めこまれていきました。

 

 体育館に移動して、いよいよ紙吹雪シャワーの時間です。教室での隣の席同士がステージの上下に並び、端から順番に紙吹雪を振りかけていきました。「毎日給食を残さず食べてすごいね!」「いつも一緒にサッカーしてくれてありがとう。」などなど、相手に贈る一言も作品の大事な要素です。

こうして24人分のドキドキ・そわそわ・嬉しい!・拍手!!が繰り返され、華やかな気分とともに授業は幕を閉じました。「楽しかった!」「もう一度やりたい!!」と何度も言う子どもたち。授業を通して見つめ直したお互いの関係は、これからどう変化していくでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です