> アトリエ訪問 in 白山、藤代 and 利根町

取手には、TAPもまだまだ把握しきれないほど多くのアーティストが住んでいます。

白山に住む来栖さんは、TAPのオープンスタジオに興味をもち、取手に引っ越してきたそうです。

来栖さんのアトリエはカフェを開きたくなるような場所でした。簾から差し込む光と、ボサノバのメロディーが心を落ち着かせてくれます。作品には、主にクレヨンを使っているそうです。印象的なデザインと鮮明な色づかいの作品から、ベビーパウダーのほのかな香りが優しさを引き出していました。ベビーパウダー?どうしてかは、来栖さんにアトリエで聞いてください!
 
小牟田さん、山本さんは藤代駅近くの空き店舗をアトリエにしています。大学院入学のため、関西から引っ越してきました。お二人はアトリエをひとつづつもっていて、ほとんど同じ間取りですが、それぞれの雰囲気があります。アトリエはまだ改装中ですが、11月のオープンスタジオには作品などを展示してくれるとのこと。
小牟田さんです。
山本さんです。

そして、利根町にも新たにアーティストを見つけました。
平塚さんは、彫刻とパステル画を主に制作しています。取手市や利根町の学校や取手駅西口のロータリーで、平塚さんの彫刻作品を見ることが出来ます。平塚さんのパステル画は、比較的濃い色使いだそうですが、おとぎの世界のようなやさしい雰囲気でした。


アトリエの横には、鋳型にブロンズを流し込むための設備がありました。作業は職人さんが来て行うそうですが、アトリエにこの様な設備があるのはめずらしいようです。

来栖さん、小牟田さん、山本さん、平塚さん、ありがとうございました。
(はやし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です