【フォーラム・終末処理場プロジェクト予告編ムービー上映!】

TAPフォーラム2006の目玉のひとつは、ヤノベさん率いる終末処理場プロジェクト予告編ムービーの上映でした。

14・15日の来取時に撮影されたものを、青木兼治さん超スピードで編集してくださいました。ありがとうございました!プロジェクト参加者の大西さん、ご協力ありがとうございました。いらっしゃらなかったら、当日上映できませんでした。

実質制作期間は2日間とのこと(!)。 データがTAP側に届いたのが第2部開始の30分前。ダウンロードが終わらぬうちにヤノベさんは会場のステージへ。ちゃぶ台にてトらやんの隣に座り、間に合うかはらはらしてトークはうわの空だったというヤノベさん。第2部も30分を過ぎてやっとムービーが到着したときには、席を立って機材ブースまで覗きに来てしまいました。チェックテストも入れられないまま、パソコンから直接スクリーンにて上映された終末処理場プロジェクト予告編ムービー。

反響は・・・大喝采でした!!

ヤノベケンジにとって終末処理場とは?11月、終末処理場では一体何が起きるのか?「終末スペクタクル」?そのフィナーレは・・・?
予告編ムービーは近々webサイトにて公開予定です。乞うご期待!

第3部のサポーター会議では、終末処理場プロジェクト参加作家が自己紹介・プランのプレゼンを行いました。ひとりひとりDVDやスライドショーを使って11月はどんなことをするのか、他の企画参加者や来場者に説明をすると、みな熱心に聞き入っていました。ヤノベ組サポーターに関心をもってくださった方もたくさんいた様子。最後はヤノベさんの激励で締めくくりました。
他の参加作家のプランを聞いて、もっともっといろんなことがやりたいと思った方もたくさんいたようです。本当にすごいことがたくさん起きそうです!

続く19日は終末処理場にてミーティング。詳細は明日をお待ちください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です