【第4回レクチャー】「野点」のきむらとしろうじんじんさんきたる!

6月18日(日)15:00〜 

実はこの日の私はきむらとしとうじんじんさんがどのような活動されているかまったくわかってなかったんです。そしてどんな方なのかもです。「レクチャーがあるよ」ってことだったので何か絵の描き方とかはたまた写真の撮り方を教えてもらえるんじゃなかろうかなんて勝手に想像してました 笑   

初めてじんじんさんを見たのがTAPの事務所の中でです。するっと入り口をくぐり抜けて入ってきた方がそうでした。他の人との何気ない会話のやりとりだったんですけど、なんか、かっこいいなあ〜っていうのと話してみたいな〜っていう感じを すごく受けました。

いざレクチャー。の前にじんじんさんに写真撮影の許可を頂戴すべく話しかける筆者。かなり緊張してました。変な笑いとかしてたかなあ。が、快くOKを頂きました!
じんじんさんほんとうにありがとう ございます!
レクチャー後はツーショット写真も。

そしていざレクチャーへ。きむらとしろうじんじんさんは「野点」をされています。この野点というのは何か。辞書を引くと、「野外で、茶をたてること。また、野外で催す茶会。野掛(のがけ)」-大辞泉-  じんじんさんの場合はお茶碗を作ることも含まれます。しかも移動式の釜セットをリヤカーに積んで・・・ 何もないところに女性用のゴージャスなワンピースを着て奇抜なお化粧をしたじんじんさんが現れて、ご近所の方々がきて、通りすがりの人がきて、その人たちが絵付けしたお茶碗が焼きあがりその場でお茶を楽しめる。 
じんじんさんにとっての「野点」とは?は、人が集まって茶碗ができていくということだけでは全然なくてその過程の中でいろいろなものがある。 というのを少しわかった気がします。「わかった」なんて言えないですかね 笑   

レクチャーを終えて・・・心動かされるような方に出会えてほんとうにうれしい気持ちでした。これからもそんな思いが味わえたらいいなあなんて思ってます。  小野健太郎


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です