【企画参加者紹介】大西和希



1982年広島県生、2004年より主に現代美術作家の製作過程を記録、ドキュメント映像を制作している。金沢21世紀美術館における「子供都市計画」の半年間に及ぶ滞在制作の記録映像、淀川テクニックや国府理をはじめ若手作家達を長期にわたり密着取材しコラボレーション映像を作り上げる。最近はそれらの記録を映像インスタレーションとして表現する展開に挑戦している。

9月18日のフォーラム直前まで、淀川テクニックと釜山のビエンナーレに行っていた大西さん。
TAP2006では、他のプロジェクト参加作家の映像ドキュメントを手がけるほか、それらを用いた映像インスタレーションをおこなう予定。

7日には終末処理場を訪れ、展示候補場所を見てまわりました。さて、ここは・・・?
大西さん、すでに関東入りし準備を進めています。11月にご期待!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です