平田組のつぶやき

前半のテーマを考えたり、企画を進めたりする頭脳戦を終え、現場での作業中心となる後半戦がスタートした今月。平田チームはいきなりの山場を迎えている。
タイトなスケジュール、不測の事態、人手不足、加えていいタイミングで始まった自分の大学の新学期…頭を抱えそうな状況においてなおわくわくしてしまうのは、TAPの体力と後ろ盾を信頼しているからか、それとも経験値不足から来る楽観か。とにかく二ヵ月後の会期に向けて好スタートを切るためにも平田チームは早速の踏ん張りどころだ。

取手に通う生活を始めて半年が経とうとしている。初めは小旅行気分だった取手までの電車のたびも、今ではすっかり慣れて居眠りしていても乗換えを間違わなくなった。
この間取手へ行く電車の回数券を買おうとして、ふと思いついて一ヶ月定期券の値段も聞いてみた。結局定期は買わなかったのだけど、取手発・自宅行きの定期を購入しようとしている自分は妙な生活をしているんだなと改めて感じて、少し笑えた。

今月は1/2くらい取手人になる予定である。
明日もまた取手へ帰ろう。
yachita

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です