EM泥だんごのおじさん

本日、椿組はワークショップを開催する基地の下見に行きました。その名も忍術研究所。どろろん。さて、さきほどのエンジェルのおじさんに負けずとステキなおじさんにお会いできましたので、ご紹介いたしましょう。

この基地の横の堆肥を作る工場? でお仕事なさっているNPO緑の会のおじさんです。なんと、なんと、水をきれいにする「EM泥だんご」を作っているんです! そう、椿さんのプロジェクトでは、バングラデシュの汚れた水をろ過することができる竹炭を作るワークショップがあるのですが、おじさんによると、このEM泥だんごは竹炭よりも水がきれいになるそうな(椿さん、ピンチ・笑)EM泥だんごのEMとは、「有用微生物群」のことらしく、まぁ、自然の水を元気にしてくれる微生物だんごってことです。生活排水で見た目も臭いも汚くなった池を元気にしたり、川の上流にこの微生物だんごを落として、豊かな森と川を育てることで豊かな海を作ったり、合成洗剤や農薬などで健康で豊かな微生物バランスを崩した現代の環境にとってもいい特効薬です。もちろん、人間にも良いそうです。

椿さんの作品の趣旨にも大変関心を持っていただきました。「面白くなきゃこんな泥だんご作りもやってらんねぇからなぁ、おもしろくやってちょうだいよ」椿組は、EMおじさんに釘付け。にんにん。

←「記録の写真撮らせて下さい」と私がおじさんの正面に入るとひと言「おぉ。かわいいなぁ。」てっきり私のことをほめてくださってるんだと思って、「あら、おじさんやぁだ〜」なんて返すと、「ちがう、カメラだよ、カメラ。小さくてかわいい。」だって…。おじさん、今度は私のこともかわいいって言ってね!son

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です