シルクスクリーンでTシャツ刷りました(^^)

 版は椿さんが製版して京都から宅急便で送ってくれました。スキージは歌代君が学校の部活で使っているものを持ってきてくれて、版台は無かったので蝶番で角材をコンパネに固定して作りました。T-シャツとインクはインターネットで買いました。場所は金子の母のアトリエを借りました。寄せ集めのもので印刷できるかどうか非常に不安でした。午前中に台をつくり、版をセット。午後から来たみんなとお昼にスパゲティを食べて、2時から印刷開始。
それぞれ自分の持ち場について流れ作業で始めたのはよかったのですが、要領をつかむまでてこずっていまい、ダンボちゃんの版をつまらせてしまい、途中ではずして洗いました。別の柄で印刷開始した後はコツみたいなものがわかって全員が1版づつ刷りました!

  
 晩御飯を食べてから黒いTシャツを刷り、アイロンをかけ、袋に詰め終わったのはほとんど深夜でした。作業をしながらみんなとおしゃべりもできて、何よりも、思いのほかうまく刷り上ったのでみんな大満足でした。お疲れ様でした。(カネコ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です