元祖秋祭り・シミュレーション

私が参加しました、29日の作業から、ご報告します。
 えー29日はひたすら竹を割り、割り、割りました。作業を終え、ジョイフルにせっかく行ったのに、閉店10分前だったり、なか卯に初めて行ったりしました☆夜、椿さん達を駅でお出迎えして、利根川荘に泊まりました。
 30日になり、ミーティングを終え、早速作業開始です。


 始めに雨対策のために、ブルーシートを二階から吊しました。小さなペンチがあるお方の頭上にかすったとかしないとか。目の前にいたのに見てませんでした。そして、窯象を組み立て、土を中に10cm入れて踏み固めました。


 次に竹を詰めるのですが、これが大変だった。思った以上の竹は入るし、針金はいいとこでぶちぎれるし…。一回やったから、次はさくさく詰めれるんじゃないでしょうか。
二段目にも竹を積み、窯をかぶせようとしていると…忍者参上!忍者さんも手伝ってくれましたが、プチ撮影会が行われていました。のぼりは…このころ立てたんだっけ?色がとってもきれいです。


 私はそれからは調理に入ったので、見逃したのですが、多分お昼を食べてから点火をしたんじゃないかな?3時前ぐらいのはず。調理を終え、帰ってくると窯象からはもくもくと煙が出ていて、なんだかわからないけれど笑い出してしまいました。調理の最中は皆さんは本番のための竹割りをしていたようです。
 作業を終え、宴のはじまりはじまり〜♪乾杯のあと、カレーをたべたり、野菜を焼いてみたり。美味しかったなぁ。竹でできた蝋燭立てみたいな(名前がでてこない)のが作ってありました。明かりがいっぱいあって明るかった。まったりしていると(私だけ?)竹笛を吹く人やら、竹を叩いて音を出す人が出てきました。私は結局20回吹いて1回位しか吹けないけどね。遠くで聴いてなかったから、どうだったのか後で聴いてみるとちゃんと音楽になっていたようです。やった☆その音に便乗してバンブーダンスを。練習してきた甲斐があったよ〜。

 
 ちょっとお休みしてるとキムチけんちんみたいのが出てきたので、食べてると…宴も終わりの時間になり、お客様をお見送りしました。ふと気づくと、椿組ばかりになっていました。テントをたてて、まったりしていると、眠る方もちらほら。
椿さんがテントの中でDVDを見よう!とマンソンを見たのは覚えています。そこからは〜夢の中〜。おもしろい事が起こったら起こしてって言ったのに!バッタTシャツにサインしてもらったりしたん?!も〜!!

 朝起きると実はちょこっと椿さんを蹴っていました。ごめんなさい。
 窯象くんは、予想以上にじっくりと物事を進めたい性格らしく、夕方まで竹が焼けるのにかかるとのこと。掃除をして(激早)、ミーティング。具体的にいろいろと決めました。科学者とかサラリーマンとかね。

 椿さんが忍者研究所の文字を書き終えて、お昼ご飯の賄いうどんを食べました。うどんうまい。そして私は窯象を残し、厚木へと帰るのでした。
 椿組・キャナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です