煙突、響く・・・!

野村組は、今日は終末処理場に行って来ました。
目的は、煙突をどのように使うかの実験。
煙突をラッパに見立ててそこから音を流す、という仕掛けを作ります。

今日は野村組スタッフが自分の楽器を持参してみました。
まずは煙突の外から中に向ってホルンを吹きます。

・・・響く!!

お風呂の中で歌っているように気持ちよく反響します。

さらに、ホルン、鍵盤ハーモニカ、フルート、声などいろいろな音で実験は続きます。
煙突の中に入って吹いてみたらどんな音になるのか?
入り口の蓋を閉じたらどうなる?
外から聞くと?中で音を出しながら聞くと??

煙突の中は、可能性が沢山詰まっています。
まず中に入って上を見上げるとぽっかりと青空が。

少しでも音を出すと、同じぐらいの音量で共鳴します。
それを外で聞いてみると、本当に煙突から音が出ているように聞こえます。
蓋を閉じると、空から音が降ってくるみたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です