TAP2005、はじまりはじまり。


取手アートプロジェクトも、ついに新年度をスタートさせました。
左の写真は新インターンの説明会です。2004年度スタッフだけでなく、塾長の熊倉先生も、スター☆講師の森さんもびっくりするくらいの人に来て頂くことができました。

     

説明会だけでは、取手は“身体化”しない! というわけで、早速、取手散歩を実施。駅から白山商店街、金刀比羅神社で2005年のTAP成功祈願もして、競輪場、利根川の土手、福祉会館、本陣、長善寺、と結構歩きました。


そして新・インターンも参加した運営会議。輪が2重になっています! 勢力が増しました。運営会議は、ただ単に事柄を決定するというのではなく、年齢も経験もライフスタイルも違う人々があれやこれや、わいわい、がやがや、あーでもない、いや、これなのだ! とするところが、TAPの魅力の一つだと私は思っています。それと、会議中には、誰かが差し入れてくれたおいしいお菓子がまわってきたりして、それも楽しみなんですー。

今年の取手アートプロジェクトも、楽しみに、checkしてくださいね! ブログでも、何かおもしろいことができたらいいなぁとたくらんでいたりします。   son(裏☆記録班)