フォーラム、事前ミーティング

今日は事務所オープン日。
そして、TAP2006フォーラムVol.2に向けての
事前ミーティングがおこなわれました。

TAP塾のインターン主導の企画として
おこなわれるフォーラム第2弾は、
TAP2006を通して
地域のアートプロジェクト、
そしてそこにかかわるまちと人びとの検証を
おこなう計画。

その前段階、ブレインストーミングとしての
事前ミーティングが、1月に入ってすでに
幾度も繰り返されています。

今日も、市民とインターン、事務局などが議論を交えます。
笑いもありつつ、真剣な熱い意見が交わされています。

フォーラムVol.2は、3月11日(日)に開催!
手帳にいま書き込んで、ぜひぜひ足をお運びください。

詳細は決まり次第、お伝えします!


お手紙を封筒につめました

13日の運営会議あと、
せっせと作業をするスタッフたち・・・
なんでしょう?

そうです、TAP2006で910人!ものいちねんせいたちが描いた児童画展「910人のいちねんせい—なんのおと?どんなおと?」全作品へとどいたお手紙を、それぞれのこどもたちの名前が書かれた封筒にせっせと詰めているのです。

なかにはこどもさんからのお手紙や
おとうさん、おかあさん、おともだち、
取手のみなさんや仙台からやってきてくれたお客さんのおてがみも!

もうすぐ、作品を描いたみなさんの手に届きますので、いましばらくおまちくださいね!


TAP2006、スライドの会

新年最初の運営会議後、
TAP2006の公式カメラマン齋藤さんが撮った
TAP2006の記録写真をみんなで見る会を実施。

スタッフさえも全容を見た人はいないのでは、と思われる今年を、
写真でプレイバック。

突発的パフォーマンスやイベントなどの記録では、歓声があがる場面もしばしば。

これらの写真は、TAP2006のドキュメントにのって
みなさんに届きます。

目下、制作進行中!お楽しみに!