> 2006記録集、あと少しで出来上がります!

TAP2006の記録集を作っている「インケン」(印刷物研究所の略)。締切やらなんやらでものすごい山場です。
2週間くらい合宿状態です。ご飯のひと時だけが唯一の休憩タイム。

今日はデザイナーからあがってきた第3稿の校正です。
ヤノベケンジTシャツで盛り上げる隊長。気分は2006会期中?

2006の記録集、きっとかなり良いものになるので、できましたらぜひみなさん見てくださいね!

> 取手美術作家展におじゃましました!

今日は、とりでアートギャラリー「きらり」で開催中の取手美術作家展に、TAPのオープンスタジオ班のスタッフを中心におじゃましました。「作家が創作の秘密を大公開」と称して、ツアーを開いてくださったのです。

今回“秘密を大公開”してくださったのは、ガラス工芸の松浦松夫さん、洋画の田中良さん、彫刻の鈴木厚さん、日本画の島田三郎さんの4名です。それぞれ作品についてのお話を聞かせてくださいました。



どのような技術が使われているのかをパネルなどをつかいわかりやすく解説していただきました。みんな聞き入っています!

また、制作と切り離せない、ご自身の性格や精神、考えていることなどを伺うことができました。作品を取り囲んで、スタッフはみんな興味津々です。

専門の異なる作家さんたちのお話でしたが、みなさん個性的で、独特の良い雰囲気をお持ちだなぁ、と感じました。質問をすることもでき、作家さんと直接にやりとりができました。


最後に、TAPでご挨拶と今年のオープンスタジオへのご協力のお願いをしました。
とても親身になってお話を聞いてくださり、まずは参加作家のみなさまにご説明いただけるということが確認できました。また一歩、オープンスタジオが具体的になりました。取手美術作家のみなさん、これからよろしくお願いいたします!

今日はヒアリング前の段階でしたが、TAPのオープンスタジオに興味を持ってくださり、作家さんの立場から様々に考えてくださっているということを改めて感じることができました。こうした作家さんたちの協力に、TAPは大いに支えられているんですね!
そしてこの方たちと、観客の方のつながる機会を作っているんだなぁ、と実感しました。

オープンスタジオを、いいものにしていかないと!

(みやがわ)