会期最終週14日&15日のイベント・ワークショップのご案内

いよいよTAP2009会期も、残すところ明日8日と来週末の、3日となりました。

来週末おこなわれるワークショップの予約をまだ受け付けています。

ふるってお申し込みください。

みなさまのご参加をお待ちしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11/14[土]
手作り紙粘土でレリーフをつくろう
小原馨

手漉き和紙でレリーフ(浮き彫り)を制作している小原馨さん(スタジオ番号10)と、トイレットペーパーを材料にした紙粘土でレリーフづくりを体験します。つくった作品は、そのままお持ち帰りできます。

時間:10:30~11:30
場所:井野団地第1集会所
講師:小原馨
持物:参加費500円/白色のトイレットペーパーロール1個、水彩絵の具セット(あれば)
要予約(20名まで)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11/15[日]
インド古典舞踊オリッシィ・ワークショップ

オリッシィを体験しインドの文化に触れてみよう!オリッシィを鑑賞し、簡単なステップと振りを体験します。

時間:14:30~15:30
場所:六郷公民館(駐車場あり)
講師:ミーナ(スタジオ番号24)
持物:ジャージのようなやわらかいズボン / 飲みもの
要予約(小学生以上の男女対象)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11/15[日]
川と会う~橋を渡る川

川へ1

川へ3

アーティスト辻耕(スタジオ番号07)と一緒にいかだを作り、利根川に浮かべます。少人数で長時間ゆったりと過ごしながら、「見るだけ」ではない、川との関わり方を探ります。
…川を渡るのはひとつの境を越えることだ。境は人間が色分けする異なる領域同士の接地面で、その色分けは昔ならば国境(クニザカイ)として土地を明確に分け隔てるものだったり、あるいはある人々に対して意識的に結界を張りめぐらすことでもあった。しかし、この境を意識することは、今の日本の生活ではあまりない。それはひとつには物や人、情報の移動が実際の空間とはかけ離れてしまったこと。そしてもうひとつは、ぼくたちの多くは境をつくる側にいるからだ。「川に会う」のは、この現状に意識的に目を向けようとするものだ。橋のない川を前に身を置くことで、ぼくらは何を感じ、見るだろう。(辻耕)

時間:10:00~19:00
場所:辻耕アトリエ集合

持物:動きやすい服装 / 川にまつわる思い出話・もの  ※ライフジャケットはご用意いたします
食費のみ実費(昼夕計1,000円程度)
要予約(5名まで)

****************************************

<予約方法>

上記イベント・ワークショップには、お申し込みが必要です。

E-mailまたはFAXで、件名をスタジオ番号およびタイトルとし (例「24 オリッシィワークショップ申し込み」)、本文に、

①スタジオ番号およびタイトル

②希望WS日時

③お名前

④人数

⑤電話番号

⑥E-mailアドレス またはFAX番号

以上をご記入のうえ、FAXまたはE-mailでお申し込みください。追って確認のご連絡をいたします。

FAX:0297-72-0177
E-mail:tap-travel@toride-ap.gr.jp

TAP2009!第4週目の情報。

TAP2009!秋深まる第4週目の情報です。
ツアーはリピーター続出!まだ間に合うものもありますので、ご希望の方はぜひお早めに。
てくてく歩いた後に見る夕方の利根川の風景も、それは美しいものですよ。

★今週のバスツアー
【D】ぶらり藤代周遊ツアー  11/7(土)9:50~
参加費:500円
彫刻家、画家、七宝作家、仏師に音楽家まで。
藤代が生んだ彫刻家倉持芳の遺作などを公開するアトリエでは地元の文化芸術団体「文化工房ふじしろ」も盛んに活動しています。
そんな多種多様な藤代エリアのアートをコンパクトに濃縮したツアーへのお申し込み、お待ちしております。

【C】取手ほろ酔いツアー 11/7(土)13:50~
参加費:1000円
大人だけが楽しめる特別ツアー!hako cafe(アートカフェ)ではthe space WHOのメンバーによる展示とイベントを見ながら、
ワインでほろ酔い。日本画からメディア・アートまで、さまざまなジャンルのアートに酔い過ぎ注意!?

【H】美の第三角形ツアー 11/8(日)9:50~
参加費:500円
つくば、牛久、取手のアートを結ぶ旅。韓国の作家の作品や、取手の若手作家の共同アトリエ、音楽家のコンサートもお楽しみに!

【I】小文間ツアー 11/8(日)13:50~
参加費:500円
見ごたえのあるアトリエが密集する、小文間地区。車窓からのどかな秋の風景を眺めながらのバスツアーです。洋画、創作木工、
彫刻など、さまざまな分野の匠の技に触れてみませんか?OMONMA Tent(ギャラリー・カフェ)にも立ち寄り

★週末のイベント+ワークショップ
※11/7(土)8(日)「白黒写真暗室作業入門」は定員に達しましたので応募を締め切りました。

・11/7(土)8(日)「感覚模索! 7感覚にまつわるワークショップ」
アーティストが7つの感覚を設定し、それぞれをテーマに小作品を制作しました。
それにからめて、ゲームの要素を取り入れたワークショップを行います。各日ひとつずつクローズアップされる7つの感覚。
感覚を覗き込んだり、解放するような体験ができるかも!?
11/7(土)は視覚、8(日)は味覚を取り上げます。
参加無料
時間:15:00~17:00
場所:台宿ポット
講師:小林あずさ
参加希望者は当日のイベント終了時間までに小林の携帯電話(090-4206-9578) に連絡。

・11/7(土)「サウンド・パフォーマンス-The concert HAKO-」
the space WHOレジデンスメンバーの1人、daily/Daeil Lee(韓国)によるサウンドアート・パフォーマンス。
Whoのリノベーションの際に撮影した、壁紙や、床の写真をモチーフにして作曲した作品<>
をライブでお届けします。
時間:16時~
場所:hako cafe
詳細情報:http://thespacewho.org
要ドリンク代、ツアーのお客様優先

・11/7(土)「鳥の劇場トークイベント-地域と演劇をつなぐ-」
鳥の劇場の活動紹介と演劇のワークショップをおこないます。
◇鳥の劇場
演出家・中島諒人を中心に06年に設立。鳥取県鳥取市鹿野町の使われなくなった幼稚園と小学校を拠点に活動。
劇団としての創作・上演活動を中心におき、地域の芸術文化の拠点であること、全国・海外にも開かれた創作、
交流の場になることを目指して、劇場作り、教育・普及活動にも力を注ぐ。08年より演劇祭「鳥の演劇祭」を鳥取県、
鳥取市と協働で開催し、2回目がこの秋行われた。
時間:時間:開場18:00/開始18:30
場所:Tappino
入場無料

・11/8(日)「映像上映ナイト!! -Art of Moving Image -」
各日1人の映像作家を招き、作品上映+トークの形式でお送りする「動くイメージ=映像」のシリーズイベント。
vol.2は台宿ポット、佐々木友輔さんの『時計』(26分)、『ある映画史』シリーズを上映いたします。
『時計』は梶井基次郎の2つの詩をモチーフにした映像詩です。梶井の詩から受けたインスピレーションを元に
脚本をかき、その脚本を元に、舞踏家の石川慶さんがパフォーマンスをおこない、それを撮影・編集したものです。
撮影場所はもりや学びの里の音楽室。
時間:開場18:00/開始18:30
場所:Tappino
入場無料

◇てくてくツアー開催中!
会期中、歩いて行ける範囲をてくてく楽しむツアーを毎日おこないます。
参加希望の方は当日インフォメーションに、14時30分までにお越しください。
歩いて行くと何か違う取手が見えてくるかも?お楽しみに!
※参加費無料(別途、交通費がかかるものもあります)。

□その他のアート情報
TAP2009と同時期に開催している取手市内のアートスポットです。
●拝借景
http://haisyaku.jugem.jp/

TAP2009特製ランチBOX発売中!
●OMONMA Tent
http://omonmatent.trap.main.jp/

○ツアー・イベントやワークショップのお申し込み方法
FAX:0297-72-0177
E-mail:tap-travel@toride-ap.gr.jp(お申し込み専用)
件名を「TAPトラベルツアー申し込み」または「(スタジオ番号+イベントやワークショップ名)申し込み」とし、本文に1参加希望日時、2ツアーまたはイベント名、3人数、4代表者のお名前、5所属・年齢、6連絡先(電話番号、E-mail)をご記入のうえ、FAXまたはE-mailでお申し込みください。
追って確認のご連絡をいたします。
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
※参加費はおひとり様分の金額になります。

☆お問い合わせ☆
取手アートプロジェクト
〒302-0012茨城県取手市井野団地3-21
TEL/FAX:0297-72-0177(電話は火・金の午後1時~5時のみ)
E-mail:tap-info@ima.fa.geidai.ac.jp
http://www.toride-ap.gr.jp/