取手アートプロジェクトとは

取手アートプロジェクト(TAP)は、1999年より市民と取手市、東京芸術大学の三者が協働で行なっているアートプロジェクトです。
若いアーティストたちの創作発表活動を支援し、市民のみなさんに広く芸術とふれあう機会を提供することで、取手が文化都市として発展していくことをめざします。

主要事業
1) 「取手リ・サイクリングアートプロジェクト」(全国的な公募により展開される作品発表の場・隔年開催)
2) 「オープンスタジオ」(取手在住作家の活動の紹介・隔年開催)
3) 環境整備事業(芸術環境の整備、芸術教育・普及、人材育成など)

主催
取手アートプロジェクト実行委員会
(取手市/東京芸術大学/アート取手/取手市教育委員会/取手市商工会/財団法人取手市文化事業団/茨城みなみ農業協同組合/取手美術作家展)
茨城県南地域「創造のまち」支援事業実行委員会(インターンシップ制度「TAP塾」)

助成
文部科学省「現代的教育ニーズ」取組支援プログラム(サテライトギャラリー等)
財団法人地域創造

協賛
キリンビール株式会社
株式会社新六本店
取手ロータリークラブ

協力
カタクラショッピングプラザ

平成18年度文化庁「文化芸術による創造のまち」支援事業

お問い合わせ
取手アートプロジェクト実施本部
302-0004 茨城県 取手市 取手3-4-11
カタクラショッピングプラザ5F
Tel/Fax:0297-72-0177(火・金 13:00-17:00)
E-mail: tap-info@ima.fa.geidai.ac.jp

ホームページ:http://www.toride-ap.gr.jp/