取手アートプロジェクト2004 開幕!!!

多くの皆さんに支えられ、今年も無事オープンを迎えることができました!!!
取手アートプロジェクト2004 いよいよ開幕です!!!
TAP2004 11月13日(土)〜28日(日)

開幕前日の11月12日(金)、一部の方を対象に全作品を解説つきで回るガイドツアーを行い、その後キリンビール取手工場にてTAP2004オープニングレセプションパーティーを行いました。
ガイドツアーには、報道関係者やご協力いただいている企業さんなど、約40名の方にお越しいただき、MAPを片手にバスで作品を観て回りました。
駅前にあるギャラリーロードには、高嶺格さんの作品「取手の風景」が展示されます。
朝から降っていた雨も無事晴れ、ぬかるんだ道のなか椿昇さんの作品「RADIKAL CARBON」の展示場所である、椿忍術研究所へ向かいます。
炭焼きを目前に出番を待つ窯象(中央の黒い窯)を囲んで、“忍術研究所主任研究員”の齋藤君が説明をしてくれました。
白山商店街にも作品がたくさん展示されています。こちらは新蒔綾子さん「COMPOST HORSE・COMPOST HOUSE」のギャラリーです。週末にはこうまのすいちゃんが街中を歩いてます。
完成間近のTAPインフォカフェ。1999年から2003年までの、TAPの歴史がわかるバナーや、今年度からの取り組みである環境整備事業の説明、一次審査を通過したものの残念ながら実現できなかった作品プロポーザルなどが展示されています。ここでMAPを手に入れ、スタンプラリーに参加しよう!
写真をスクリーンに映しながら、取手にいらしていた作家紹介も行われました。写真は、右からビデオ・インスタレーション「もろ、もろもろ、もろもろ」の鈴木淳さん、お寺の参道に並ぶ「言葉の露店」のマエノマサキさん、畳から草が生える「発芽‐雑草」の狩野哲郎さん、キリンビール取手工場に作品を設置している「ポンプライン」の中島洋和さん。
風情を競う自転車レース「取手蛍輪」の小山田徹さん、13日(土)に市長の田んぼで炭焼きを行った「RADIKAL CARBON」の椿昇さん、15日(月)から駅前のギャラリーロードで展示が始まる高嶺格さん、取手のまちをこうまが歩く「COMPOST HOUSE・COMPOST HORSE」の荒蒔綾子さん。

ガイドツアーの後、地元の方も集まってオープニングレセプションパーティーを行いました。会場はキリンビール取手工場のゲストホール。東京芸大理事の宮田先生や、取手市長をはじめ、取手市職員、芸大教員、協賛企業、報道関係者、お世話になっている白山商店街の方、地元の市民など、200名以上もの方に集まっていただき、盛大にTAPオープンを祝いました。
 
yachita/ photo by yaginuma … thanx!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です