■■会場の上手なめぐり方■■

みなさまこんにちは。インフォメーションセンターからのお知らせでございます。

メイン会場の終末処理場までは、駅前から無料シャトルバスが出ております。

■まずインフォメーションセンターを見つけよう!
JR取手駅 東口(※ホームから階段を下りる方。上ると西口です)を出てすぐ左手、キオスク隣にインフォメーションセンターがございます。そちらでMAPやパンフレット類をお持ちになってください。

■シャトルバスに乗ろう!
メイン会場の終末処理場までのバスの所要時間は約15分です。

■戸頭方面会場を回ろう(終末処理場、宮ノ前ふれあい公園)
終末処理場では作品を早足で見て回っても1時間弱かかります。
カフェでは暖かいコーヒーや本日のスープをご用意して
おりますので、ゆっくりしていただくには2時間ほど必要です。

終末処理場からの徒歩圏内(8分)には宮ノ前ふれあい公園があります。こちらの会場には藤本由紀夫の作品「GARDEN-miyanomae」が展示されております。
バスはどちらにも発着しますが、公園から直接駅に向かわれる場合はスタッフへ
声をおかけください。

■駅前会場を回ろう!
JR取手駅東口周辺は、主に3箇所会場があります。
駅前のカタクラショッピングプラザは、5FではTAPサテライトギャラリーが公開中、B1Fには終末処理場のアーティストたちの映像作品を集めた終末フィルムシアターがあります。
※福祉会館は19日のみのオープンです!

旧取手宿本陣は、駅前から徒歩10分。こちらも藤本由紀夫作品。

利根川河川敷は、徒歩7分くらいですが、相澤和広の大きな風船作品『風船サウンドプロジェクト「巨人の耳」』が展示されています(雨天強風中止。晴天時のみの展示です。晴れていたらぜひご覧ください。)

反対側の西口では
徒歩5分のところに、野村誠率いる仕掛けあいプロジェクトあーだ・こーだ・けーだの拠点となった「あーだ・こーば」が特別公開されています。(24−26日のみ。最終日2時まで)

またそこから市バスでの移動となりますが、共同病院行き「北中原」下車 でむかうキリンビアパークには、910人の一年生の絵が展示されています。お手紙を書く企画も好評です。

<すべてをめぐるモデルコース>
■終末処理場直行コース
戸頭(終末処理場)方面 → 駅前周辺

JR取手駅東口 
(シャトルバス15分)→ 宮ノ前ふれあい公園 
(徒歩7分)→ 終末処理場 
(シャトルバス15分)→ JR取手駅 
(徒歩7分)→ 風船サウンドプロジェクト 
(徒歩3分)→ 本陣 
(徒歩10分)→ カタクラショッピングプラザ 
(徒歩5分)→ あーだ・こーば 
(市バス 協働病院行き「北中原」下車(8分)→ キリンビアパーク 児童画展 
(市バス)→ JR取手駅

■■終末処理場ライトアップコース
駅前周辺 → 戸頭(終末処理場)方面

JR取手駅東口 
(徒歩7分)→ 風船サウンドプロジェクト 
(徒歩3分)→ 本陣 
(徒歩10分)→ カタクラショッピングプラザ 
(徒歩5分)→ あーだ・こーば 
(市バス 協働病院行き「北中原」下車(8分)→ キリンビアパーク 児童画展 
(市バス)→ JR取手駅
(シャトルバス15分)→ 宮ノ前ふれあい公園 
(徒歩7分)→ 終末処理場 
(シャトルバス15分)→ JR取手駅

お車でお越しの場合も、同様のルートを取っていただけるとすべてを回れます。
その場合、終末処理場にもインフォメーションがございますので直接お越しください。

ややこしいですが、当日インフォメーションでお尋ねいただければまた地図を見ながらご説明致しますのでどうぞまずはお立ち寄りください。インフォメーションでは浅井裕介さんの作品が真っ先に見られます。

では皆様のお越しをお待ちしております!

yachi@info


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です