揚妻博之アーティストトーク Hiroyuki Agetsuma Artist’s talk

9月のIAVオープンスタジオに合わせてスタートしたIAV Selection。
井野アーティストヴィレッジにどういった作家が入居し、制作をしているのかをしってもらおうという企画です。

The series “IAV Selection”  has started from this September on the day of Ino Artists Village’s  Open Studio, to introduce  the artists and their works of  IAV.

その初回の作家は、揚妻博之さん。

The first artist was Hiroyuki Agetsuma.

DSC_0047

井野アーティストヴィレッジ101での展示が10日夜から12日まで行われ、
12日には100本ノック連携企画としてTappinoでのトークが開催されました。

His works were exhibited at studio 101 from 10th till 12th.

On 12th his talk was held at Tappino as cooperative event with “100 knocks”.

DSC_0053

当日は、まず展示会場にて作品を見ながらのアーティストトーク。

展示の様子。

Artist’s talk in the studio.

IMG_0407

井野アーティストヴィレッジ101が効果的に使われ、
空気感のある展示にしつらえられていました。

His works were sensitively  installed in the studio, showing the airy mood in the atmosphere.

IMG_0363

IMG_0364

音を解体し、かすかな振動に変換する。

The sound was metamorphosed  by taking away some functions from the speaker unit.

「ある場所/空間」に存在する「音」が描き出されたドローイングも。

The drawing of  the sound caused by the existence of something.

DSC_0061

IMG_0396

続いては、Tappinoにてアーティストトーク。

Artist’s Talk at Tappino followed.

同じくIAV入居の映像作家、羽川さんのファシリテートにより

揚妻さんのこれまでの表現活動が紹介されていきます。

Agetsuma’s works were introduced by the auteur, Hagawa, also the member of IAV.

IMG_0385

どのようにして今の表現に至ったか、という経緯が
DJ時代から予備校を経て、大学~大学院の現在まで
時間軸を追って話されました。

His presentation was  how he reached to the  expression of his present works from since he was working as DJ, studying at “yobiko” -preparatory school for entering universities, in the university, until graduate school now.

原点は予備校時代に遡り、「自分の部屋を描け」という課題が出た際に
ただ部屋を描くだけでは何か足らない、と思い、描くという方法ではなく、他のアプローチを試みた結果、部屋を描いた平面にソノシートを模した透明のものを接着して提出した。

そこから自身と「音」との明確な関係を意識したとのこと。

At “yobiko”, one day, he was given a work ” draw your own room”. When he drew his room  he felt to draw his own room was not enough, something was missing. At first he attempted many different approaches to make the image , subsequently he made the imitation of sono sheet and attached it on his drawing of his room.  He was conscious that the sound was an essential element for himself.

1人のアーティストがその表現の方法を模索し、
確立していく過程が感じられるものであると同時に、
揚妻さんの作品の土台にあるコンセプトが露わになっていく、
そんなトークでした。

We could see the process of the artist exploring and seeking his style, and at the same time,  his basic concept of  his work has been revealed in this speech.

IMG_0401

IMG_0400

次回、10月のオープンスタジオ時にも
IAV selectionは開催される予定です。どうぞ足をお運びください!

IAV selection will be held at the next Open Studio in Oct.  Please come and see!!

(はばら)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です