再考!!シンポジウム            〈 芸術家の暮らす郊外都市で「半農半芸」は可能か〉                 第三回 パネルディスカッション②

いよいよこのシンポジウムの再考も最終回です。今回は前回述べた3つの柱のうち、「③半農半芸の実現のために — 付加価値/デザインの可能性」に迫ります。
 塩見さんや岡田さんに触れていただいた農業の大変さに触れながら、はたして半農半芸は可能なのか考えてみたいと思います。

 取手市役所の職員でありながら現役で農業をされている岡田さんは次のように言います。
「朝市のように、地場産の農作物を新鮮なうちに地元の人たちに消費していただくといった農“業”=生業も含めた農業であれば活路を見出せるかもしれないが、土に触れたいといった家庭菜園的な農だけで続けるのは難しいのではないか。」

 また、農家にとって「草むしり」が一番過酷な労働であることにも触れ、生業としての農業も考えていかなければ続けられないのではないか、実際に農業をやるとなると大変であることをご指摘いただきました。

 そうした話をふまえて、佐藤時啓先生は、
「農というのは食とつながる部分で、実はものすごくリアリティがあるのではないか。」
と提言をいただき、さらに、
「おいしいものがとれるところはたくさんあるが、それをいかに“クリエイティブ”に料理として提供するかとなると、なかなか限られてきている。食と農と文化というのは不可分な関係にあるから、何か料理をすることも含めて“クリエイティブ”に農家と関わることでアーティストたちに参加できることがあるのではないか。」
と、提案されます。
このことに関しては椿さんも、
「ただ作物を作って出荷するのではなくて、そこにアイデアや工夫をいれていけば単価が高く出せる。そうした工夫をやっていくこともアート的である。」
とおっしゃっています。

半農半芸というのは、農業という「労働」からいかに自由になるか、その自由をどう確保するのかというところにジレンマがあります。半農半Xに立ち返ると農とX(天職)のバランスというのは非常に難しい部分があり、そのことについて塩見さんは、
 「農とXの部分の折り合いは、自分で自分の仕事を選ぶこと、自分がやらなくてもいいことはまわすといった、企業で言う選択と集中を暮らしの中でやっていかざるを得ないと思います。」
とおっしゃって、加えて、
「『農業を配慮できる人口』をこの国に増やすこと重要である。『農業って大変だな。』と、少しでも分かってもらえる人口を増やす必要がある。そのためにまずは半農=小さな農からスタートしても良いのではないか。」
と言います。

 このことは、前回若林先生が触れた「大量生産品としての農作物ではなく作品としての農作物を我々が受けとるという構造」の大きなヒントになり得るのではないでしょうか。

 もうすでに触れてきていますが、農に対してアートが立ち入る隙のひとつに「デザイン」があげられます。それは付加価値をつけることを意味し、どこにその付加価値を見いだすかに関して、若い世代が予感的に新しい時代の価値観をつかんでいっていると、椿さんは言います。

 また、佐野さんは、
「アーティストがそうしたデザインを担っていくことで、自分の持っている価値、アーティストの価値のような、経済的にどういうふうに評価されるのかということにトライしてみるべきではないか」
とも言います。
 それは、アーティストが社会に巻き込まれて仕方なく生き様を考えるのではなく、自ら自分の持っている価値を追求していくことであり、そうしたことが半農半芸の中で試みられても良いのではないか、という提案でした。

 農と芸のかけあわせは、アーティストと農家の関わりが非常に重要であることは存分にある中で、岡田さんは、
「耕作放棄地の活用というのも取手はすごく重要なのではないかなと思います。均等割の制限の中で35%は休耕しなければならないのですが、減反の補助は降りないことがわかっている上で、35%の休耕といった制限に協力せず自分たちで作りたいという農家も増えてきている。そうした人たちの中には、アーティストが作らせてほしい、ちょっと貸してくださいよと言えば、ある程度協力的な農家もいると思います。」
とおっしゃっていただき、半農半芸の実現可能性を少し述べていただきました。そこで岡田さんが期待されたのはやはり、付加価値の高いもの(リーキネギやハーブなど)を育て、アーティストの協力によってブランド化を図ることでした。

 以上、全三回にわたって簡単に振り返ってみましたが、森さんがおっしゃるように、半農半芸はアーティストたちの新たなライフスタイルの提案であるだけでなく、今の社会に生きている人間がその地域とどう関わっていくか、関わり方をどうデザインするか、自分たちの地域をどういうふうに関係のある場所として関わっていくのかを追求するプロジェクトであることが言えると思います。しかし、いきなり農家にはなれない。すると、半農半芸のコンセプトというのはその関わりの実践の入り口として、片手間ふうに聞こえるかもしれないけれど、どこからでもいいから始めましょうということではないでしょうか。

 20世紀が終り、21世紀の新しい社会デザインをアートを通じて考えていくという試みをNPOという場がしていくこと、取手のまちを豊かに楽しくしていくために実践するチャンスを、また、それをかたちにしていくアーティストに活動の場を与えていくことで、皆さんと共生できるようなかたちの新しいアートプロジェクトというものを10年ぐらいかけて取手から全国に発信できれば、と思います。

 今後の半農半芸プロジェクトにご期待・ご協力・ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

[投稿者:風間勇助]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です