【とりでアートの日。】ぶんぶんごまを作ってあそぼう

「ぶんぶんおごまを作ってあそぼう」は、取手美術作家展の奈良榮子さんのワークショップでした。ベテランの作家の皆さんがスタッフとして子どもたちをサポートしました。
四角に切って穴をあけた紙にたこ糸を通し、まず、こまをまわしてみました。最初はなかなかまわせなかったのが、コツをつかむと回せるようになりました。コンパスで円を描き、丸いこまをつくって、穴あけパンチで穴をあけて回すと、「ぶんぶん」と音がなりました。水性マーカーや色鉛筆で色を塗り、回すときれいな模様がみえました。終わったら、牛乳パックとストローでつくった「トンボ」で遊びました。

R0014513 R0014516 R0014523 R0014524 R0014525

【とりでアートの日。】世界で一つだけのオリジナルアートトイをつくろう

キノコビレッジ(倉田さんご夫妻+加藤久美子さん)の「世界で一つだけのオリジナルアートトイをつくろう」が夏休お盆明けに開催されました。倉田康平さんが日本の間伐材を利用して作った木のおもちゃに色を塗って自分だけのアートトイをつくりました。まず、頭、顔、胴体の3つのパーツにそれぞれサンドペーパーをかけ、下地を塗りました。デザインを考えて、アクリル絵の具で色を付けていきました。できあがったら、記念撮影をして、パッケージして出来上がりです。

R0014507 R0014476 R0014477 R0014481 R0014484 R0014488 R0014490 R0014493 R0014497 R0014498 R0014506

【とりでアートの日。】陶芸で作るMy食器

スタジオ航大/田村洋介

手捻りでカップを作りました。粘土をれ叩いてつぶし、麺棒で更に伸ばし、厚さを整え、型紙ををあてて竹串で切り取りました。切り取った粘土を用意された筒に巻くとカップの形になりました。粘土の端(切り口)に水をつけた歯ブラシでこすり接着しました。側面に竹串で絵を描き、仕上がりの器の色を選びました。カップは作家が持ち帰り、乾燥させ、素焼き、釉薬をかけ、本焼きをして、参加者に後日返却されました。

R0014442 R0014448 R0014457 R0014464 R0014467 R0014429 R0014433 R0014437 R0014438